末永く暮らしやすい家に

『家育て』するミニマリスト

【発達障害】習い事やってる?

スポンサーリンク

次男は自閉症スペクトラムです。

 

習い事と言えるかわかりませんが、

自宅でするタブレット学習のスマイルゼミ

もう年少の時からだから・・

3年目?でわりと長く続いています。

 

年中で何か習い事をしたかったのですが

週3で療育をしているのとコロナもあり

2ヶ月前からやっとこさ習いに行くことに!

(о´∀`о)

 

次男が習いに行っているのは学研です!!

 

「自閉症の子に学研ってどうなん??」

「学研より公文の方がいいんじゃ??」

 

我が家も色々悩みましたよ〜(^◇^;)

でも結果、次男には学研が合ってる!

と思いました♪

 

その理由とは・・

※学研の回し者ではありません!

 

問題を読まないと解けない

 

よく比較される公文学研

どちらもプリントをするんだけど・・

 

学研のプリントって読まないと

解けないようになってるんです!

( ゚д゚)!!

 

f:id:Morisam:20220214195353j:plain

f:id:Morisam:20220214195322j:plain↑↑ちゃんと読んでないから間違えて直してるw

 

これ年長さんの問題ですが

絵だけで判断したり、

適当に読んでると間違います。。

 

なのでパッと見て、過去の経験と想像で

適当に問題を解いてしまう次男にはピッタリ♪

 

次男はひらがなを読めるようになったのが

早かったわりに、文字を読むのがあまり好きでなく

 

文字量の多い本は読もうとしないし、

読んだら読んだでてをには

面白いほど間違えて読んでいます。

 

これでは国語と文章問題はアウトです。

もう間違える様子が手に取るようにわかるw

 

プリントをしながら問題を読むことで

文章を読む練習もできるのは

一石二鳥ですよね!!

 

でも問題自体は難しくない。

公文も同じだと思うけど

自学自習が基本だそうで・・

 

自学自習

他人の助けを借りないで、自分ひとりで学習すること。独学。

 

親が付きっきりで見なくても

1人で勝手にやってくれるので楽!!

(о´∀`о)

 

教えてとか言われてもわからんしな・・

 

うちはひらがなが読めたので

そんな問題からスタートしましたが

 

年齢というよりその子に

合わせたとこからスタートし、

 

できなければできるまで、

同じプリントと何冊もする子もいるそうで

 

小さな時は遅れても良いので

じっくり基礎を身につけて欲しい!

 

みんな進むスピードは違うし、

比べないのもいいポイントだよね♪

 

安い月謝

 

公文の月謝は私の地域では1教科,150円。

国語と算数をさせると14,300円!!

 

学研は国語と算数の週2で,800円!!

学研コスパいい!!

 

子どもの習い事のコスパを考えるなんて・・

時代だね〜( ̄▽ ̄;)

 

そんだけ不景気ってことだな。

世間もわが家も・・

 

↓↓詳細が気になる人は・・

www.889100.com

 

運筆の練習

 

自閉症スペクトラムの次男の特性なのか

筆圧が弱く、上手く鉛筆も持てませんでした。

 

年単位の壮大なスモールステップにより

補助具がなくても鉛筆が持てるようになり、

筆圧も上がりしっかり濃く描けるように。

 

運筆も徐々に上達して、

文字を書いても疲れなくなったっぽい。

 

学研を始めて2カ月ほどで、

字の上手さに変化はありませんが

とにかく疲れた!を言わなくなった!!

 

弱かった指の力が

少しずつ鍛えられたのかな?と

思ってます( ^∀^)

 

もっと早く習わせてあげればよかった・・!!

それだけは後悔しています。

 

ちなみにお休みする週は

宿題のプリントを多めにもらえるので

勉強が止まる心配はありません。

 

実は先生に自閉症だと言う機会を

逃したまま入会してしまったのですが、

電話での懇談があったので伝えると

薄々特性に気づいておられたそうです。

 

・小さなお友達の目に余る行動を

先生に言う。

↑放っておけばいいのに口に出ちゃう。

 

・気が引っ張られやすい。

↑あるあるだな!!

 

障害を伝えてくれたことで

それを念頭に置いた対応ができること、

気がついたことも私に言いやすいと

言ってくれました。

 

言ってよかった(о´∀`о)

 

学研ってあまり知られてないけど

めっちゃ良かったよ!!って話でした〜

 

 

↓↓こちらのランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
    にほんブログ村