末永く暮らしやすい家に

『家育て』するミニマリスト

飲み会が自粛になってがっかりしてる人は

スポンサーリンク

コロナ拡大の影響で、飲み会を自粛するよう発表された。

 

旦那氏に伝えたら、

「マジか、飲み会なくなるんだなー」だって。

 

メールでのやり取りですが、

残念がる顔が見えてきそうです( ̄∀ ̄)

 

軽症で済む人が多い若者でもないくせに、

気にせずゴルフや飲み会の予定を入れているのを

私は知っている。

 

旦那さんの会社の人、中高年はみんな熱が出て

新入社員とかの、飲み会不参加組だけが(もちろん普段から不参加)

元気でコロナにもかからないという算段なのでは・・

 

心配しすぎるのも良くないけど、

旦那さんの赴任先は、中国からの観光客が多く来ていた地域なので

自分だけは大丈夫だろうっていう変な自信は捨てて

自分ができることをして欲しいんだよなぁ〜。。

 

f:id:Morisam:20200225181530j:plain

 

近所のダイソーに行ったらマスク売っていました。

5枚入り1人1個まで。

 

1個買えたので、親戚にあげようと思います。

でも不用意に会わない方がいいから、ポストに入れとくか。

 

マスクの代わりやダブルでの予防に

ネックガードが売れているらしい。

 

素材にもよるけどこれはサラサラして

蒸れなさそう。

 

コロナへの日本の対策が後手後手になってるのをみると

これを思い出す。

 

『沈没船から飛び込ませる一言』の話。

 

これいろんな国の人を海に飛び込ませるために

言う一言がその国の国民性を象徴しているという話なんだけど

 

例えばアメリカ人には「ヒーローになれる」と言って飛び込ませる。

日本人にはなんと言うか??

 

「みんな飛び込んでますよ」というのだ。

 

どんな集団意識やねん、と思ってしまうが

みんなと同じだと安心する気持ちはわかる。

 

頻繁に起きている災害には、対策も早いなぁと思ってたけど

今までにないウイルス感染には、対策が後手後手なるのも

日本人ならではなのでしょうか・・??

 

 

↓↓こちらのランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
    にほんブログ村