末永く暮らしやすい家に

『家育て』するミニマリスト

発達検査の結果

スポンサーリンク

先日1年ぶりに、次男が発達検査を受けた。

2歳からもう3回目の検査になる。(毎年受けている)

 

2歳の時は、新版K式発達検査を受けた。

その時はDQという、いわゆるIQ的なものが数値で出るんだけど、

言葉の遅れが響いたらしく、かなり低かった。。

 

3歳からは田中ビネーを受けている。

2歳のDQの結果の平均からいうと、

3歳のときのIQは数値でいうと

30ほど上がった。(言葉が出たからだとか)

 

で、今回の4歳ではどうだったか。

 

今回の検査の結果は

 

前回より上がってました!(^ ^)

 

これは何を意味してるかというと、

 

・成長している

・IQの固定?

 

去年より1歳年齢が上がった分、問題も1年分難しくなります。

それで、同じくらいのIQてことは、次男が成長しているということ

 

しかし、去年と同じくらいのIQということは、

「まだまだ小さいから伸びるよね。。」と思っていたIQが

固定したのではないかとも取れます。

 

そもそもIQは年齢でコロコロ変わるものでもないらしいので、

固定されれば(この言い方が正しいかは不明)

ずっとそのくらいのIQだと言うことになります。

 

テストの結果じゃないけど、どうせなら少しでも良いほうがいい。

これ、親のエゴです。安心材料にしたいんです。。(T ^ T)

 

検査の最中テーブルの上に横になったり、

離席してウロウロしたり、寝転んだり

明らかにわかるだろう問題も「やーらない、わからないー」

といっていくらか手を抜いたように見えたけど、

普通に受けられてたら、もっと高い結果じゃなかったのだろうか。

 

本当にそうかはわからないけど、ちょっとそれがあって

今回の結果が素直に入ってこない。( ;∀;)

 

でも大事なのはそこではない。

 

・何度も離席してしまうこと。

・集中力が持たないこと。

・切り替えが難しいこと。

・見通しが立たないことへの不安。

 

他にも色々あると思うけど、こっちの方が心配だ!

よくよく考えれば、よくあんな態度で、

この数値が取れましたねって思える。。( ̄∀ ̄)

 

もちろんIQは知能を知る為の指標なので、

無視はできないけど、

高ければ日常生活困らないか、

低ければ困るのか、と言えばまた違う。

 

もう数字だけに振り回されない!

・・・ようにしたい。( ;∀;)

多分また来年気にするだろうけど気にしない!

・・・ようにしたい。_:(´ཀ`」 ∠):

 

結局のところ、目の前の次男の困りごとにひとつずつ、少しずつ

向き合っていくしか道はないのだ。

 

※具体的なIQの数値を書こうかと思いましたが、

まだそこの勇気がありません。。 

 

↓↓こちらのランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ