末永く暮らしやすい家に

『家育て』するミニマリスト

【発達障害】遊びながら学習する方法をやってみる

 うちの次男は自閉症スペクトラムです。

まだ小さいので、困りごとの多くは行動面や生活面です。

ですが数年後には小学生になります。

 

小学生になれば、当然授業で勉強をするようになるのですが、

次男の困りごとの中に勉強がプラスされるのが、今から心配です。。

 

で、最近学習障害に詳しい方からアドバイスいただいた遊びを

ボチボチ家でも実践しています。

 

それがコチラ

 

f:id:Morisam:20191129231340j:plain

ちょい大きめのサイコロ

 

準備するのは、

普通の1〜6までのサイコロを2つ。

そして7〜12までのサイコロも2つ。

(もちろんダンボールなどで作ってもいい)

 

これをどの組み合わせでもいいのですが、やり方としては

 

①2つ同時に投げる。

②両方の出た目の合計を言う。

(1と2が出たら、3と答えるのが正解)

 

もちろん、いきなりズバッと答えられないので、

初めは指を差しながら、数を数えさせればいいそうです。

 

その方いわく、あいうえおよりもまず数字の概念が先!なのだそうです。

 

これを親子や家族で順番でやっています( ^∀^)

順番を守るといった簡単なルールの練習にもなっていますし、

みんなが楽しんで学習できるなら、こんな楽なものはありません。

 

とにかく親が子どもに勉強を教えると、ろくなことがありません。。

長男の時に感じたことですが、段々と親が熱くなって、

声が大きくなってきたり、こないだ教えたのにもう忘れてるー!!と

愕然としたのが昨日のことのよう。( ̄∀ ̄)←お前に似たんだろ。

 

私、基本子どもを怒りたくないんです。

私が褒められず、怒られて育ったので。

大人になって考えても、なんで全く褒めなかったのか

なんで何でもないことで怒られたのか意味不明です。

 

いくら思い出しても、本当に大人になるまで一回も褒められたことないんですよね。

大人になってから、「モリサムは小さい時は勉強できたのに」って

褒められました。←あれ、これも褒めてはない?

 

 話が外れましたが(^_^;)

遊びの中に学習を入れたり、まだ早いと思う学習でも

早めに始めると、できなくて当たり前なのでイラッとすることはありません。

 

始めたのが早い分、取り組む時間が長く取れるので

逆に勉強が苦手な子ほど、早めにスタートして

ゆっくりたっぷり取り組むほうがいいのではないか、

と勝手に思っています。(^ ^)

とりあえずは普通の数のサイコロ2つから初めて、

3ヶ月続けてみまーす!

 

 ↓↓今日も長男がご飯を作ってくれました!

 

 

f:id:Morisam:20191129231418j:plain

チキンは冷凍〜でも上手に揚げている。ポテトにカツの衣が付いてても、絶対指摘はしないのだ

 

息子にご飯を作ってもらえる日が来るなんて・・(作らせているのだが)

しみじみありがたいし、幸せです。

 

家事を最低限できるようにと、練習中のご飯ですが

これも勉強と同じで簡単なところからですね〜

 

てか簡単なもので十分だし。

長男よ、ありがとう。

 

↓↓こちらのランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

 

障害者における社会性と多様性

なんか、大学のレポートみたいなタイトルになってますが。。(゚o゚;;

そんな堅苦しい話をしようとしているのではありません。

 

また、無知なゆえ、発言に偏りやおかしい部分があるかもしれません。

子どもを持つ親の独り言だと思って読んでください。

 

次男は自閉症スペクトラムという、発達障害を持っています。

まだ小さい子どもですが、いつかは大人になり自立しなければならない。

 

なんで自立しないといけないかっていうと、

生活基盤である親が定年したり死んじゃったりするから。

 

そうじゃないお金持ちもいるかもしれないけど、そこは置いといて。

生活するお金がなくなる前に、自分で稼がなきゃいけなくなる

 

で、次男のように『困りごと』がある人は、

周りの理解サポート(助け)が必要なわけです。

 

たとえば障害があって、ものすんごい才能を持っている人いますよね?

その才能が社会に認められると、その人は理解され、周りのサポートも受けられながら

才能を仕事に結びつけることができたりします。(これもものすごい大変なことですが)

 

でも、そうゆう人は本当に一握りで。

そうじゃない人がほとんどなわけで。

 

社会が認めるほどの才能はなく、困りごとがある人は

どうやって理解やサポートを受けながら働けるのでしょうか。

 

どうやって生きていく?

 

障害名の知名度は上がったり、ボーダーレス、ジェンダーレスなどという

言葉も広く使われ出したけど、

 

『みんなと違う』人が、本当に社会に溶け込んでいるか?

溶け込んでないですよね、全然。

溶け込もうとしてる人、めちゃめちゃ努力されてますよね。

 

女性が働きやすい世の中にとか、高齢者の求人が増えたりとか

一見社会的弱者に優しい世の中になってきたのかと思うけど、

(女性や高齢者を弱者でひとくくりするのは間違いですが)

それって人口減少してるから、ただの働く人口確保のための政策では?

 

世の中は需要と供給で成り立っています。

では障害者に需要があるのか。

 

A型やB型事業所で働くことも、ひとつの需要だと思う。

事業所は国からの補助金目当てでなく、ちゃんとした需要のある事業として

成り立っていることが大前提だけど。

 

私は普通のレールから外れて仕事をしてきたので、

『みんなと同じ』なことに魅力を感じません。

だってみんなと同じことをしててもお金にならないんです。

人と違うことをするのを『差別化』っていうんですけど、

差別化しないとお金は入ってきません。

 

ようはライバルが多いか少ないか、なんですが

1000円を10人で分けるより、2人で分けた方が

取り分多いですよね?

そんなことを学のない頭でグルグル考えながら生きてきました。

 

これに障害者を当てはめると、めっちゃ差別化されているわけです。

このことに気がついているのか、本当にボーダーレスな会社も

あるとテレビで見ました。

 

まだ短い年数ですが、次男が生まれ育てるうちに

いろんな人と共存して生きていくということは、

障害者側も健常者側もメリットがあることだと気が付いたのです。

 

確かに自分の中のものさしはぶっ壊れます。

ものさしを壊したくない人は、逃げるかもしれませんね。

 

でもぶっ壊れた私のものさしは、いつか年季が入った

いい味出してるものさしになっていく予感がしてます。

 

 

↓↓こちらのランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

 

発達検査の結果

先日1年ぶりに、次男が発達検査を受けた。

2歳からもう3回目の検査になる。(毎年受けている)

 

2歳の時は、新版K式発達検査を受けた。

その時はDQという、いわゆるIQ的なものが数値で出るんだけど、

言葉の遅れが響いたらしく、かなり低かった。。

 

3歳からは田中ビネーを受けている。

2歳のDQの結果の平均からいうと、

3歳のときのIQは数値でいうと

30ほど上がった。(言葉が出たからだとか)

 

で、今回の4歳ではどうだったか。

 

今回の検査の結果は

 

前回より上がってました!(^ ^)

 

これは何を意味してるかというと、

 

・成長している

・IQの固定?

 

去年より1歳年齢が上がった分、問題も1年分難しくなります。

それで、同じくらいのIQてことは、次男が成長しているということ

 

しかし、去年と同じくらいのIQということは、

「まだまだ小さいから伸びるよね。。」と思っていたIQが

固定したのではないかとも取れます。

 

そもそもIQは年齢でコロコロ変わるものでもないらしいので、

固定されれば(この言い方が正しいかは不明)

ずっとそのくらいのIQだと言うことになります。

 

テストの結果じゃないけど、どうせなら少しでも良いほうがいい。

これ、親のエゴです。安心材料にしたいんです。。(T ^ T)

 

検査の最中テーブルの上に横になったり、

離席してウロウロしたり、寝転んだり

明らかにわかるだろう問題も「やーらない、わからないー」

といっていくらか手を抜いたように見えたけど、

普通に受けられてたら、もっと高い結果じゃなかったのだろうか。

 

本当にそうかはわからないけど、ちょっとそれがあって

今回の結果が素直に入ってこない。( ;∀;)

 

でも大事なのはそこではない。

 

・何度も離席してしまうこと。

・集中力が持たないこと。

・切り替えが難しいこと。

・見通しが立たないことへの不安。

 

他にも色々あると思うけど、こっちの方が心配だ!

よくよく考えれば、よくあんな態度で、

この数値が取れましたねって思える。。( ̄∀ ̄)

 

もちろんIQは知能を知る為の指標なので、

無視はできないけど、

高ければ日常生活困らないか、

低ければ困るのか、と言えばまた違う。

 

もう数字だけに振り回されない!

・・・ようにしたい。( ;∀;)

多分また来年気にするだろうけど気にしない!

・・・ようにしたい。_:(´ཀ`」 ∠):

 

結局のところ、目の前の次男の困りごとにひとつずつ、少しずつ

向き合っていくしか道はないのだ。

 

※具体的なIQの数値を書こうかと思いましたが、

まだそこの勇気がありません。。 

 

↓↓こちらのランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

 

【発達障害】おもちゃを見せない収納

次男の発達障害の特性(一部)として、

 

・切り替えが苦手

・視覚優位で物に引っ張られる

 

という部分があります。

療育でこの辺りをしっかり練習してきたおかげか、成長か

調子の良い時は、場面の切り替えが超スムーズに行くようになりました。

ダメダメな時も多いのですが、それでも昔を思うと随分生活が楽になりました。

 

 

切り替えにまず必要なのは、

今やっていることはおわりなんだと認識させることみたいです。

なので療育先のひとつではおわりBOXというの作っていて

切り替え時にそのBOXに今使っている物を入れさせます。

 (あくまで方法のひとつとして読んでください)

 

特に次男は色々な種類のおもちゃをごちゃ混ぜで遊ぶので、

遊びのゴール(終わり)が見えにくく、切り替えの悪さに拍車を掛けています。

 

なので、家ではおもちゃの種類別に分けて収納しています。

ものによっては、高いところ(手の届かない所)へ置いて、

要求の練習に利用しています。(あれ、取って〜など)

 

 やっぱりごちゃ混ぜで遊んだりもするのですが、

自分でそれぞれ種類別にお片づけ(おわり)はできるようになりました。

 

最近では片付け(おわり)を促さなくても、次の予定をするために

さっさと自分でお片づけしているときもあります。(次の予定が魅力的など)

 

我が家のおもちゃ収納はこれ

 

子どもがお片づけしやすいように、まず人気のイケアのトロファストを買いました。

 

 

これはさすが売れているだけあってヒットでした。

おもちゃを投げ入れるだけで、片付くので子どもも上手に片付けられています。

 

中身が見えにくいので、視覚で引っ張られる次男にもピッタリです。

 

f:id:Morisam:20191115193510j:plain

普段のおもちゃゾーンの様子

 

しかーし、見ての通りトロファストの上や、ままごとキッチンの上や間に

無造作におもちゃが置かれています。

 

小さなおもちゃはしまえても、大きなおもちゃが出ている状態では、

やっぱり視覚優位の次男はそのおもちゃに引っ張られてしまうんです。。

 

私も「早く大きくならないかな。。

おもちゃを取っ払いたい。。」

 

などと心の中では思っているのでw

ミリマリストを目指すものとしては、見た目スッキリした部屋にしたいし、

次男にもあっちやこっちに気持ちが引っ張られてしまう状態を減らしたい。

 

↓↓ということで、新しいこれを取りいれることにしました!

 

f:id:Morisam:20191115193436j:plain

無印のやわらかポリエチレンケース(蓋は別売り)

 

www.muji.net

 

深さがあるのが特徴で、これなら大物のおもちゃも入りそうです!

 

f:id:Morisam:20191115193539j:plain

 このトロファストの上をスッキリさせたい。。。

 

このごちゃついた部分が↓↓

 

f:id:Morisam:20191115193607j:plain

スッキリしたよね・・? 

 

こんな感じになりました〜!!!( ^∀^)

 

ままごとキッチンの上のおもちゃもトロファストの上に移動させました。

その移動させたおもちゃがカラフルなんで、視覚的にはやっぱり邪魔なので、

まだどこかに移動させるか、容器を変えるとかの必要がありそうです。

(あとハロウィンのバケツも。椅子はロボット掃除機用に乗せている)

 

 でも今回は(面倒なので・・)このくらいにしておきます(^∇^)

 

 

↓↓こちらのランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

 

 

じっとできない次男に椅子を買う

大好きなものを食べている時でさえ、何度も離席してしまう次男。

「もうごちそうさま?」と聞くと、

「ごちそうさまじゃな〜い」といってブーメランのように席に戻ってきます。

 

一回の食事で2〜3回は離席します。

上記のように声掛けすれば戻ってはきますが、座っているときでも

猫背や、うなだれるようにテーブルにうつ伏せになったり、

膝を立ててみたり、ひどい時には片足をテーブルの上に置いたり!←その体勢が楽そう。

足ブラブラはいつも。

 

これでも多動ではないらしい。

落ち着きは全然ないけど。

 

物に引っ張られる(影響される)タイプなので、興味のあるものが見えてしまうと

そこへ行ってしまうみたいです。

 

姿勢が崩れるのは、不器用なのから考察するに、体の発達に遅れがあるのでしょうね。

 

そこで旦那氏が自分のポケットマネーで次男に椅子を買ってくれました!!

 

その椅子はバランス イージー

 

f:id:Morisam:20191114180937j:plain

 

ちょっと高くてとても家計からは出せないので、旦那氏に相談したら

さすが安定の親バカです。俺が買ってやる、と。

 

それでもしばらくは悩みました。

これ4万するんですけど、4万あったら他に子どもに必要なもの色々買えるんで。

 

最後は、(単身赴任中の)旦那氏からフェイスタイムで毎日

「椅子は買ったのか?」と聞かれまくるので、

流石に4万ネコババするわけにもいかず、ポイントの高い日に買っちゃいました。

 

実際はポイントが結構つくので、実質4万てことはないけど、

(人のお金といえども)私には高い買い物でした。。( T_T) ヒー

 

大きな椅子なので、どんな大きい荷物が届くんだ!と思っていたらこんな↓↓

 

f:id:Morisam:20191114180914j:plain

 

びっくりの薄さのダンボール!!

 

f:id:Morisam:20191114181028j:plain

側面におまけのコースターと傷防止のフェルトが貼り付けられている

 

開けてみてもパーツ少なっ!!Σ(・□・;)↓↓

 

f:id:Morisam:20191114181112j:plain

 

付属のレンチだけであっという間に組み立てられました〜

早速次男に座らせてみました♪

 

ドキドキドキ・・・

 

f:id:Morisam:20191114181143j:plain

 

この椅子、一応6歳〜と書いてあるのですが、次男は4歳です。

4歳にしては身長が高く、5歳くらいの身長はありますが、6歳以下でも座れました。

 

この椅子で夜ごはんを食べましたが、

なんと離席しませんでした!!(たまたま?)

 

足をブラブラできない椅子なので、もちろんブラブラも無し。

姿勢も猫背ではなく、自然に座れています。

 

私も座ってみましたが、クッションが良いです。

強い反発のあるクッションで、多分長時間座っても疲れにくそう。

 

子供用に膝部分のクッションを一番上にしていたので

私は無理やり猫背になろうと思えばなれました。(普通に座れば背筋は伸びます)

クッションを下に移動させれば、大人でも膝が伸びて

猫背にはならないと思います。

 

 

 

使い続けてみないとちゃんとした効果のほどは言えませんが、

次男は「この椅子気に入ったよ」(上から目線w)と言っているので、

ちょっと嬉しい( ^∀^)  旦那よ、ありがとう。

 

 

↓↓こちらのランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

 

子どもの発達障害について

 もしかしたらちらっと過去に書いたことがあるかもしれないけど、

次男は自閉症スペクトラムという発達障害を持っています。

 

はっきりと書くことが、はたして次男のためになるのかならないのか。。

将来ひょっとしたら個性の範疇(はんちゅう)に収まり、

自閉症などと誰にもバレず生きていけるかもしれないのに。。

 

そんな親の淡い希望もあり、はっきりと書くことに悩んだこともありました。

 

ただ最近知り合いの職場で働く子の話を聞いて少し考えが変わってきました。

その子は発達障害などの申告はないものの、とにかく仕事ができず、空気も読めず、話も通じないらしい。それらを称して『変わってる人』と言われている。

 

てんかんをもっているらしく、頻繁に職場で倒れるらしい。

てんかんでそんなに倒れたら体に何らかのダメージがありそうだけど、

その子は少し休めば復活するらしい。

 

皆てんかんの知識は浅いものの、「(倒れるのは)嘘じゃないの?」と疑い

早く辞めてほしいと迷惑がっているらしい。

 

私はその子が発達障害な気がしました。(あくまで勝手な想像だけど)

なんで倒れているかは別として、上手くコミュニケーションが取れなかったり、

上手く取れてないことにも気がつかなかったり、

手先の不器用さや、あいまいな表現の言葉を理解できないところなど

次男とダブってしまった。。

 

発達障害などの困りごとがある人たちには、

絶対的に周りのサポートが必要だと思っている。

 

・周りの理解 

・周りの助け(サポート)

 

その人の障害について周りに正しく理解されているかどうかは、とても重要だと思う。

ましてや発達障害など一見普通と何も変わらない見た目なので、

性格が悪いとか親のしつけができてないなどと誤解されやすい。

特に自閉症スペクトラムは困りごとがみんなそれぞれ違うので

理解が難しいように思う。

 

そして周りのサポートにおいては、大人になって普通の社会に混じってやっていく場合、ゼロに等しい。障害を伝えても、理解が得られなければ助けてはもらえない。

観察するに、その人の役得(やくとく)というか、どれだけ理解されているか、

どれだけ好かれているか、許されているか、求めているかによるところはある。

 

素直に「手伝って」と言えるか。

なんか憎めない。なんか許しちゃう人であるか。

変わっているけどなんか良いとこある人か。

 

皆さんのまわりにも障害の有無関係なく、変わっているけどなんか面白くて憎めない人っていませんか?

できるなら次男には、そうゆう人になってほしいと願う。

 

次男は早期療育からはじまり、現在3箇所で療育を受けています。

さらに発達障害のNPOへも参加させてもらうことになった。

 

私は身内や周りの近い人などには子どもの障害について

わりとさらっと自閉症だと伝えてしまうのですが、

(理解なさそうな人や、言う必要のない人には逆に絶対言いませんが)

この行為は障害を(妨げになるほうの)障害だとは思ってほしくないからと、

多分がっつり理解することはできなくても、理解するための下地というか

理解してくれる人口の裾野(すその)を増やすための行為のつもりもあって

さらっと言います。

 

「うちの子自閉症で〜」と言ったことで、「私の友達の子も自閉症だよ」といって

情報を得るきっかけになったりしたこともあります。

誰かのブログを読んで療育の必要性を感じたり、NPOの参加もネットの情報がきっかけです。

 

なので伝えるデメリットもあると思うのですが、確実にメリットもある。

特にブログは見るだけの人ならデメリットはないかと思います。

私なんかのブログで発達障害を知る裾野が広がるとか、

理解が深まるとかないと思うし、そんなのおこがましいですけど。

 

次男の障害を知った時、いろんなブログを読ませていただいて救われました。

こうゆう一例もあるんだな、と思って読んでいただけたら、と思います。

 

 

↓↓こちらのランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

 

 

トランポリンの効果?

 とある先生に言われたのだ。

 

子供がこけやすく、(←あれ、方言?転びやすい)

フラフラ走っている様子を見て、

バランスボール体幹をきたえるといいよ」

 

なので私は愛するわが子の為に、

トランポリンを買った。(←?)

 

 当時まだ2歳にもなってなかった我が子に、

バランスボールは無理じゃん?(バランスなんか取れないじゃん?)

 

なにかないか~なにかないか~(ノД`)(ナマハゲ風に)

と夜な夜なネットで調べた結果、トランポリンを買ったのだ。

 

トランポリンも、当然初めは上手くジャンプなんてできないのだけど、

とても楽しそうに遊んでくれて嬉しかったなぁ。

 

ジャンプするものだけれど、ときにはテーブル代わりにおもちゃを並べたり、

ベッドのように転んだり、なにこれ超使えるヤツじゃん!!

 

しかーし、使いすぎたのか彼は破れてしまった。。(しかも2回目!!)

 

f:id:Morisam:20190411231255j:plain

これは2代目。破れてスポンジが見えている。

 

 

ナナナナー ナナナナー 新しいカバー ニューカマー 

 

f:id:Morisam:20190411231400j:plain

 

で、これが3台目のニューカバーです。( ^∀^)

 2代目はテキトーにポチってしまい、脚部分の穴が足りず、

ハサミで穴を追加。。

 

 今回はちゃんと8本脚のヤツを買ったので、取り付けがスムーズでしたわ(笑)

 しかもこっちの方がマットな感じで良い。

 

 前のは、正直ゴミ袋のツヤ感あったしな〜(^◇^;)

 今度は当分の間破れませんように!!

 

※その後トランポリンの効果か、転ぶことはなくなりました。

※トランポリン5分は1キロのジョギングと同じだそう。

※尿漏れにも♪(トランポリンしてると逆に漏れそうになるけど続けるのじゃ)

 

 

 

↓↓こちらのランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ